コラム・News

人妻が彼氏を作る方法…既婚者が婚外恋愛を求める理由

こんにちわ!エミです。

人妻だからって、恋愛する心は忘れない。

だって女であることは変わらないからね!

家事や仕事の合間に韓流スターやアイドルを見てキュンキュンしてるけど、それだけじゃ物足りない。

気分を紛らわせても、満たされることはないんだよね。

それに体もね…。

旦那はもはや、セックスの対象ではなくなってしまった。

他の素敵な男性の腕に抱かれたい…

そんな感情が芽生えてしまうこともあるんです。

人妻だって彼氏が欲しい

 

アンケート回答女性356人のうち約45%(160人)の方が、浮気、不倫経験ありと回答しています。

引用:浮気探偵.com-女性の4割が不倫経験あり、7割は後悔なし

先日既婚者で彼氏持ちの友達と会ってきました。

その時に既婚者が彼氏を持つ理由に凄い共感したんです。

「こないだ彼氏がねぇ〜」

こう話しだした友人には旦那と子供がいる。

彼女は実年齢よりも若く見え、お肌のハリツヤは同年代とは比べものにならない。

同級生だし、よく目を凝らして見てみるとシミやシワもある。

彼女も「不倫はいけない」って言っていたのに、どうして彼氏なんか…。

家では、どういう気持ちで家族と接してるの?

不躾だとは思ったけど彼女に根掘り葉掘り聞いてみた。

私は40近くの専業主婦

もちろん旦那一筋だし、専業主婦として家のことを完璧にこなしていると自負している。

時々パートにも出ているから、自由な時間は思っているより少ない。

そんな私と比べ、同級生のA子には年下の彼氏がいる。

40歳にもなるおばさんが30歳の男と手を繋いで歩いてるなんて。

「40歳なんだから落ち着けばいいのに…恥ずかしいとか思わないのかな?」

こんなことも思ったりした。

だけど私は気付いてしまった。

A子とその彼氏が並んで歩いていても、A子の方が2〜3歳しか年上に見えないことを。

釣り合ってないなんて思ってたけど、よく見れば普通のカップルに見える。

もしA子じゃなく、私があの彼の隣にいたら親子に見えるかもしれない。

彼氏持ちの友人に嫉妬している

自分と同じ、子持ちの専業主婦の同級生なのに、若い彼氏までいて美しい。

私は不倫なんてするつもりはない。

下の子を生んだあとからセックスレスだけど愛する夫と、可愛い子供たち。

この家族が私の幸せそのものなんだから、壊す気になれないもの。

A子とは違って、私は私の真っ当な人生を歩みたい。

そもそも出産したあとから性欲なんてなく、今では旦那に触れられただけでも気持ちが悪い。

きっと旦那以外の男性にだって、触れられたら気持ち悪く感じると思う。

私はキッチンでお茶の準備をしてくれているA子を見ていた。

ツヤのあるロングヘアは背中の中ほどまでもある。

あんなに長い髪なのに、傷んでいる様子はない。

スタイルも良く、女の私が見ても釘付けになってしまう。

くびれたウエストからヒップまでのS字カーブがとても女らしくて、そそられる。

私なんて手入れが面倒で、随分前から肩よりも短くしている。

嫉妬で気持ちを腐らせていると、A子が口を開いた。

「今日どうしたの?なんか言いたいことがあるっていう顔をしてるよ?」

この女は人の心を見透かす能力まで持ち合わせているのか。

私は腹を括って切り出した。

人妻が彼氏を欲する理由

人妻が彼氏を欲するのは男性と同じ思考回路。

「私生活に不満なんてなさそうなのに、なんで彼氏を作ったの?」

A子は目を丸くしてしばらく黙ったが、ポツポツと話し始めた。

ご主人とは仮面夫婦であること。

私と同じように産後セックスレスになったが、ご主人以外の男性とならセックスができること。

若い男の子じゃないと性欲を満たすことができないことなどを。

彼氏でしか満されない【彼女談】

「女性が一番性欲の強い時期って、アラフォーなんじゃないかな」

何度イッても足りず、常に求め続けてしまう。

年上の彼氏では体力がもたないから、常に若い男の子と付き合っている。

それでも彼らの方が先に音を上げると。

「私そんな性欲、もうないよ?」

「違うよ、きっと。ご主人だからセックスできないんだよ。」

「他の男としてみたら?絶対すぐに違うことがわかるはず。他の男なら抱かれたいって思うよ」

「でもばれたらどうするの?」

「バレっこないよ!男の嘘はすぐにバレるけど、女の嘘は誰にもわからないものだよ。」

「現に彼氏のいる奥さんなんて、ものすごくたくさんいるのにほとんど知らないでしょ?」

「そうなの?だけど世間体とかいろいろあるでしょ?」

「性欲って3大欲求だよ?それを求めて何が悪いの?」

「旦那じゃ満たせないんだから、外に求めるしかないでしょ?」

「たしかに第三者はとやかく言えないけど、旦那さんにはバレないようにね。」

「家では大人しくしてるし、子供のことも家のこともきっちりやってるから文句の言われようがないわね」

家のことは適当かと思ってただけに驚いた。

離婚は考えてない

言われてみればこの部屋も隅々まで掃除が行き届いてるみたい。

「恋してると、身体の内側から力が湧いてくるから、家事もすごく捗るのよね〜」

「性欲を満たしてもらうのが目的なんだったら、セフレってことなの?」

「ううん、彼氏だよ。

私は気持ちも満たしてもらいたいから。“愛してるって言い合うプレイ”をしていると思ってくれたらいい。

本当に愛してるかどうかはどうでもいいの。

でも疑似恋愛は嫌だから愛情表現もするし、ヤキモチも妬いてみせるよ。

でも心の底から妬いてるわけじゃないんだよね。ほんとにそういうプレイなの」

「セフレってあんまり響きがよくないし楽しそう。記念日とかもお祝いしてるの?」

「もちろん!でもプレゼントは正直いらないんだよね。

物だと家に置いておきづらいものもあるからプレゼントはいらないってのが本音。

だから美味しいお店に連れて行ってもらうのが多いかな。」

女は愛してると言いたいし、言われたい。

でも自分は結婚しているし、再婚話が出るような重たい関係は望んでいないって。

結婚はしたくないけど、恋愛やセックスはしたい。

恋する女はやはり輝きが違ってオーラというのかフェロモンというのか、そういうのが溢れてる。

女を保つためにも、男が必要っなんだね。

 

人妻が彼氏を作る方法は秘密裏に

「でも、どうやってそんな男性と知り合うの?」

「そりゃインターネットだよ。」

「今の時代は便利だよね、私はマッチングアプリで年上女性が好きな男の子を見つけたんだよ。」

「前はほんとにセックス目的だけで出会い系サイトを利用してたこともあるけどね」

やっぱり人目は気になるらしく、ナンパされても断るみたい。

もちろんコンパなんて今更誰も誘ってくれないし。

ネットなら一人ダメでも次々と新しい男の子が来るらしい。

「アラフォーになって気付いたけど、年上女性が好きっていう男の子ものすごく多いから、彼氏作ってみてもいいんじゃない?」

A子の言葉が私の心を揺さぶった。

今もまだ、揺れている。

もし今晩寝られなかったら。

きっと私は出会い系アプリをインストールしちゃう。

私はいま、彼氏募集中

出会い系サイトって変な人や危険な人がいるのかな?って思ってた。

でも実際に使ってみたら普通の人が多かったように思う。

そりゃ中には危険なオーラを放ってる人もいたけど、自分でちゃんと見極めたらいいだけのこと。

特に私が何かをしなくても、男性側からいっぱいアプローチがくるから、良さそうな人とやりとりしてる。

自分からも検索するけど、時々びっくりするようなイケメンがいるんだよね。

彼氏ができたその後は

私にもついに年下の彼氏ができちゃった。

寂しがり屋なところがほんとに可愛くて。

でも時々憎らしいこと言ったりするんだけど、そういうところもまたかわいい。

ナイスバディな美魔女風のきらめきは無くても、女として輝いている。

家庭内はもちろん今までと変わらない。

家庭内を円満に保つ方法と、自分が女として輝く方法が違うだけ。

今の私は女としてすごく充実居ている。

既婚者がセフレを欲しいなら出会い系一択な理由!【女性向け】

はじめに聞いて欲しい。 この記事は「セフレが欲しい既婚者女性」に向けて書きました。 既婚者がセフレが欲しいというと怪訝な顔されるもの。 しかしここでは既婚者のセ ...

続きを見る

-コラム・News
-,

Copyright© 【人妻と出会い系の秘密】 , 2020 All Rights Reserved.