セフレ

既婚者がセフレを作る方法~出会い系で遊ぶ男女の心理

既婚者だってセフレくらい欲しいと思うもの。

いや、既婚者だからこそ欲しくなるというのが正しいでしょう。

結婚後セックスレスから浮気してしまう夫婦って多いです。
しかし、セフレがいたから離婚しなかったという話も聞きます。

そのためには既婚者がセフレを作るのならバレにくい相手がいい。

そこで「既婚者が気軽に楽しめるセフレを作る方法」について紹介します。

あなたが思っている以上にセックス相手って見つかるものですよ。

MAIKO

私はムラムラしたときは「既婚者向けの出会い系」を使っています。
「出会い系アプリ」には、既婚者が集まる掲示板だってあるんですよ。

シンジ

良好なセフレの関係って、男と女の需要と供給で成り立っているからね…

 既婚者だってセフレが欲しい。

セフレのいる人妻

既婚者だったとしても、様々な理由からセフレが欲しくなることがあります。

夫婦間のセックスレスでも話したように、いっそのこと「外でセフレを…」なんて人も多いです。

割り切ったセフレがいることで、かえって家庭が上手くいくなんてこともありますからね。

セフレ持ちの既婚者は多い

「旦那が浮気している…」そんな話を聞くように、外にセフレを持つ既婚の男性は多いです。

でも、それは女性も同様、性欲だってあるし一夜限りの関係をもつことだってあります。

特に女性は浮気を隠すのも上手く、ときにはそのままセフレになることだって珍しくありません。
セックスレスの既婚者になると、外で欲求不満を解消するしかありません。

それは男女共に言えることで、女性の浮気も男性と同じくらいあるものです。

既婚女性だって、一つや二つの秘密を持っていても不思議じゃありませんよ。

既婚者のセックス事情はレスばかり

セックスしなくなるカップル
本当にこれですよね…

女性は「セックスは夫婦間だけ!」って思うかも知れません。

でも、男性は同じ相手に興奮できなくなってくるもで、徐々にセックスレスになっていきます。

夫婦間のセックスで満足できるのは始めの数年だけ。
徐々にマンネリしていき、子供が生まれたタイミングでセックスレスになるのも珍しくありません。

「今日は疲れてる」断りパターンの典型ですね。

結果、旦那は外で愛人を作り奥さんとのセックスは完全にゼロになる。

正直セックスレスは避けられないかもしれません。
行為ができなければ我慢するしかなく、最終的に浮気するしかなくなります。

私的には「セックスレスを直すのは無理」だと思うんですよね。

たとえ一時的に復活しても、結局またレス気味になるのが落ち。
だから不倫って無くならないんですよね。

MAIKO

結婚しても性欲はあるし、だからといって夫となんて考えられない。
そうなると、割り切った彼氏を作った方がいいってなりますよ。

既婚者が考える不倫とセックス

不倫の心理

レスにもなれば「既婚者だってセフレが欲しい」と思うものです。

この場合、離婚したいのとはちょっと違うんです。

子供もいるし、旦那のことも嫌いなわけじゃない。そもそも家庭を壊したいわけではないんです。

ただ性欲が溜まってつらい。
そこに既婚者が求める不倫が隠されているんですよ。

セフレと不倫は違う。

大事なのでもう一度いいますが、セフレと不倫って違います。

セフレって性欲を満たすための関係ですが、不倫は心を満たす関係です。
寂しいからってセフレを作っても、満足できずに虚しくなるだけ。

人妻が彼氏を作る理由」でも言いましたが、婚外恋愛を楽しみながら愛し合う関係が不倫です。
どちらが良いという訳でもありませんが、自分が何を求めているのか見つめ直して下さい。

それによって探す相手も変わってきますよ。

既婚者は割り切れる関係が欲しい

既婚者が欲しいのは性欲を満たすためのセフレです。

それは女性も同じで、セックスするために「割り切った相手」が欲しいのです。

まさに「セックフレンド」ですね。
既婚者にとってセフレなんてタブーかもしれませんが、それが「救い」になる人だっています。

そもそも既婚者がセクスレスになれば、エッチの経験が豊富な分だけ独身者以上に欲求不満になります。

レスが原因で離婚する夫婦が多い中、セフレがいるから家庭が円満なんて夫婦って多いです。
私もそうですが、上手くやっていくために割り切ることだって必要だとは思いませんか?

家庭は捨てられないのが普通

不満があるけど離婚はできない。

既婚者、特に女性の場合家庭を捨てる気は無いんです。

だからこそ不倫をしてはいけないし、セフレがいてもバレてはいけない。

性欲なんて消せないし、かと言って家庭も捨てられない。
「性欲と家庭どっち取るの?」と言ったら「仕事と私どっちが大事なの?」と同じで選べません。

たとえ自らの意思で不倫したとしても、離婚したいわけじゃない。

だって、他に方法なんてないのだから仕方ありませんよね。

MAIKO

夫と彼氏は別だって考えています。
セフレがいると夫のことも大切に思えるから不思議よね。

既婚者にピッタリのセフレ相手

不倫相手

既婚者がセフレが欲しければ、割り切れる相手の方が好都合でしょう。

例えばお互いが割り切りたい「既婚者同士」や、結婚願望のない「シンママ」

面倒事が起きにくいセフレが一番ですからね。

既婚者同士のセフレ関係

不倫するならW不倫。

お互い既婚者だと、いろいろ都合が良いんです。

家庭があるからこそ割り切れるし、会うときはホテルへ行くだけ!といった流れにもなりやすい。

バレそう!なんてことになったら、さっさと関係解消して知らんふり。
男女ともに同じ考えだから後腐れがないんです。

また既婚者どうしなら、週末や家にいるときにストレスを感じません。
独身相手のガチ不倫になると、休日やイベント時に落ち着かないんですよね…。

ただ「本気」になるのだけは気をつけたいところ。

ダブル不倫がもつれると、悲惨な結果を生みますからね

シンママ相手【男性向け】

既婚男性に限るとシングルマザーも狙い目です。

再婚願望は無くても彼氏だけ欲しいってシンママは多いです。

生活が大変だからこそ頼れる男性を欲しており、余裕のある既婚男性と相性が良い。
セックスだって罪悪感もなく楽しめるから、身近に居たら口説きたいですね。

シングルマザーのセフレでも触れましたが、既婚者の彼氏を作るシンママさんって多いんですよ。

MAIKO

女性だって性欲があるから、人妻やシンママがセフレを欲しても不思議じゃないよね。

既婚者のセフレと出会う方法

既婚者の相手探し

セフレを作るにあたって、はじめに相手を見つけなければなりません。

そこで既婚者がセフレを作りやすい場所について紹介します。

可能な限り同じ目的の相手と出会えれば、既婚者でも口説きやすくなりますよ。

職場や知人と不倫

既婚者が圧倒的に関係を作るのが職場です。

深い関係になりやすくセフレにも発展しやすい。

しかし、職場不倫の殆どが周りにバレているのでリスクも高いです。

職場関係になると共通の知り合いが多すぎて、どこで誰が見ているのか分かりません。

また、本気になりやすいのも職場不倫の特徴と言っていいでしょう。

そのため可能な限り身近な相手は避けるべきなんですよ。

ナンパ

ナンパと言っても街なかでナンパしても、そうそうホテルまでいけません。

居酒屋で仲良くなった相手とセックスしたことは有るけど、定期のセフレになりにくいのも事実です。

特に既婚者のナンパになると成功率が低く、ハードルも高いんですよね。

SNSやネットの活用

ナンパが難しいのならネットをうまく使うのが効果的です。

上手くいけばオフパコだって可能。
しかしSNSは相手の年齢や性別さえも不明なので、それなりにコツが必要です。

TwitterのようなSNSでセフレを作るのは、思っている以上に難しいです。

また恋活向けの「マッチングアプリ」は、既婚者が使うにはリスクが高くおすすめできません…。

既婚者向けの出会い系

既婚者がセフレを探すのに、もっとも低リスクなのが「出会い系」でしょう。

女性なら大学生から年上まで選り取り見取り。
男性から見ても、同じ目的の女性と出会えるからエッチしやすいです。

また既婚者のモットーである、バレずにセックスするのにも向いています。

注意点として、間違っても「マッチングアプリ」を使わないで欲しい。
恋活アプリの相手探しは本気なので、既婚を偽って恋愛すると痛い目を見ますよ。

また、出会い系には怪しいサイトが星の数ほどあるので気を付けてください。
そういった怪しいサービスを使ってしまうと、トラブルに巻き込まれることもありますからね。

MAIKO

大手の出会い系には既婚者向けの掲示板があります。
こういった人妻向け掲示板はバレにくいから好んで使われるんですよ。

既婚者のセフレ作りに出会い系を使う理由

既婚者がセフレ作りに出会い系を使う理由は以下の通り。

  • 不倫バレしない
  • 出会いやすい
  • コスパがよく無駄がない

出会い系って既婚者がセフレを作るのにとても好都合なんです。

接点の全くない相手と出会えるからバレにくく、それでいてお互いエッチ目的だから面倒な駆け引きも要りません。

「どなたか飲みに行きませんか?」

この一言で、アッという間に不倫候補が見つかるし、気が合えば即日ホテルにだって誘える。
あまりにも気軽にOKをもらえるので、エッチな女性って本当にいるんだって感じるでしょう。

そもそも出会い系って、そういう人が集まる場所ですからね。

不倫だからこその注意点

既婚者がセフレを持つなら、気をつけることもたくさん。

その中でも特に大切な2つに注意してください。

本気になるのは本末転倒後悔の始まりです

私も経験しましたが、不倫相手に心を開きすぎると別れられなくなります。

目的は「性欲解消」なので、間違っても本気にならないこと。

不倫からの本気は、あなたと家族を不幸にします。
もし「好きかもしれない…」とおもったら、冷静に考えてください。

ただセックスしたかっただけですよね?

本気になってしまったら冷静な判断なんてできません。

例えば、セックスなしでも彼女と一緒にいたいですか?
すべてを捨ててでも、後悔しませんか?

一緒になっても、今の配偶者と同じ結末を迎えるのが落ち。
欲求不満が解消できるから燃えてることを忘れないでくださいね。

バレるリスクが常に付き纏う

不倫がバレるのは既婚者にとって恐怖の一言です。

本気になってしまう時もあるけど「バレたくない。」と思っている時点で家庭は捨てられません。

絶対にバレてはダメなことですが、浮気なんてほんの些細なことから見つかってしまうもの。
たとえ貴方が見つからなくても、相手の配偶者にバレるなんてこともよくある話。

特に職場や知人などリスクの高い相手は避けるのがいいでしょう。

もし浮気がバレそうになったら即セフレとの縁を切る。
既婚者ならそれくらい徹底するべきですよ。

まとめ

既婚者の性欲

既婚者がセフレを作るのって意外と簡単で、それより大切なのはリスク管理です。

結局は性欲のためなので、既婚者のセフレは基本的に割り切るべきです。

  • 出会い系でセフレ募集
  • あってエッチする
  • 気が合えばセフレになる

後はリスク管理の方が大切ってことですね。

だからこそ「出会い系」を使って割り切った相手を見つけるの良いのです。

後腐れのない相手の方がセフレにはちょうどいいんです。

こういったアプリを使えば、セフレならいくらでも見つかりますからね。

おすすめ
  • この記事を書いた人

MAIKO

暇を持て余して、出会いを求めている主婦MAIKOです。 管理人の詳細はこちら

-セフレ